« 恋の季節 | トップページ | もういくつねると »

2010/10/05

青空珈琲

Sbca0419
(c) Michiko Hayashi 2010


今日は午前も午後も 新宿御苑で撮影実習だった
日本デザイン専門学校の授業の帰り道

電車に乗る前に ホッとひと息 珈琲を飲みたくて
かねてから氣になっていた 代々木駅前の小さな商店街の
はんこ屋さんの軒続き 一坪ほどの小さな店に寄ってみた

店内に喫茶スペースはなく テイクアウトするか
道路に面した店の外壁沿いの 小さな珈琲テーブル&折りたたみ椅子でいただくか
選択肢は それしかない


…さすがに すぐ目の前が 狭いとはいえ車も通る道じゃあね… と
いままでは 店の佇まいに気を魅かれつつ 素通りするしかなかったのだけれど
今日は 何故か気が向いて 怖いものみたさか? 
その道路に面した小さな珈琲テーブルで いただくことにした

注文してから 豆を挽き
一杯ずつ 丁寧に ネルドリップで淹れてくれる
陶製のカップ&ソーサーで 店の外へ


もうすっかり見慣れている代々木の路地を 真横から見る
その視点が新鮮で ふと目をあげると
夕方の光に彩られた雑居ビルの狭間から 夕焼け前の青空が見えた

なんだか 恥ずかしく思う前に 清々しい
ふと手もとに目を落とすと 珈琲にも青空が映っていた


教え子が 何人か 驚きの笑顔とともに通り過ぎていった

まろやかな珈琲の味わいとともに 思いがけない心地よさ
晴れた日の夕暮れどきには なんだか病みつきになりそうな

  
青空珈琲 よいものだ


Sbca0424
(c) Michiko Hayashi 2010

|

« 恋の季節 | トップページ | もういくつねると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恋の季節 | トップページ | もういくつねると »